Design Dictionaly

トップページ
トップページとは、Webサイト内において、検索エンジンの対象や、最初に閲覧されることが多い。SEO対策をする上でもトップページの構築は重要になる。
サイト内の他ページへのアクセスが容易にできるような配慮が必要にな り、サイトの目的や、サイト内に掲載されている情報を容易に捉えることができるような設計である必要がある。
ドメイン
インターネット上に存在するコンピュータやネットワークの場所(住所)を示す識別子のこと。
透視図・パース
実際に目で見えるように、遠近感を持って立体図に表現した図。
oziでは、基本プレゼンテーション時に3DCGによって作図する事が多い。
トーン&マナー
ベーシックな要素の積み重ねによってできる統一されたイメージに合うか合わないかの基準の会話の中で使われる言葉。 医院コンセプトを基盤とし、ビジュアル、コピー、レイアウト、音などを統合したものから感じ取られる雰囲気や様子のこと。
インテリアデザイン、グラフィックデザイン、Webデザイン、スタイリングなどあらゆる要素のトーン&マナーが守られ、ブレ無く積み重ねられていくことでその医院のブランディングが完成に向う。
.name
.nameはトップレベルドメインのひとつである。主に個人によって使用されている。2001年から使用が可能となった。取得すると輸送メールアドレスが使用できるようになるという、他のドメインにはない独自のシステムを売り物に導入された。
過去はドメインの命名の方法が細かく決まっていたが、現在では個人名とは無関係の普通の「~.name」というドメインも取得可能となっている。このメールアドレスを有効にするには、ドメインのメール輸送を管理しているレジストラとの契約が必要である。
.jp
.jp(ドットジェイピー)は、日本の国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)。日本レジストリサービスが管理する。
.com
.com(ドットコム)は、ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つ。gTLDとは、インターネットのDomainName System(DNS、ドメインネームシステム)において利用され、ドメイン名をドットで分割した際の一番右の項目の事を指す。
1985年から使用が始まり、現在では世界で最も使用量が高いgTLDとなっている。
.info
.info(ドットインフォ)はジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つである。情報サイトの使用を意図しているが、特に用途の規制はない。
.org
.org(ドット オルグ) は、ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つ。gTLDとは、インターネットのDomain Name System(DNS、ドメインネームシステム)において利用され、ドメイン名をドットで分割した際の一番右の項目の事を指す。
坪単価
床面積1坪当たりの内装工事費を、延べ床面積(各階の床面積の合計)を坪単位に換算した数値で割ったもの。純粋に内装設計の規模を指し示す参考値であり、これにより素材のグレードを決めたり、造作家具のボリュームを設定したりと、デザイン検討時の重要な要素となる。
坪単価
床面積1坪当たりの内装工事費を、延べ床面積(各階の床面積の合計)を坪単位に換算した数値で割ったもの。純粋に内装設計の規模を指し示す参考値であり、これにより素材のグレードを決めたり、造作家具のボリュームを設定したりと、デザイン検討時の重要な要素となる。
坪(つぼ)は、尺貫法による面積の単位。現在は一辺が6尺(1間=1820mm)の正方形の面積と定義されており、約3.3平方メートルに相当する。
㎡×0.3025(または、㎡÷3.3)で求められる。同じ広さを表す単位で『畳・帖(じょう)』があるが、大抵の場合、2畳で1坪と計算される。
突板(つきいた)
天然木などの木材を薄くスライスしたもので、主に良質な銘木や木目の美しい木などが原材料として使用される。塗装などで仕上げ、フローリングやドア、キッチンキャビネットの扉、収納扉など、建具や家具に使用されることが多い。突き板自体の厚さは、用途によって様々だが、厚みがあるほど高級感が増し、キズがつきにくくなるといわれている。
無垢材に比べ反りなどが非常に少なく、また重量が軽くなったり、表面の塗装によって付加価値をつけやすいという利点がある。手の触れやすい場所に使用する事で、天然木の自然な木目柄、深み、味わいが楽しめる。樹種にもよるが、比較的高価である。
特色
CMYK4色の掛け合わせで表現、印刷ができない色。
専用のインキを作る。スポットカラーと呼ぶ。
ダブルトーン
スクリーン角度を変えて2種類のインキで印刷すること。
タイポグラフィー
印刷の文字の書体、大きさ、配列の仕方など視覚効果の総称(Typography)。
印刷物における文字の体裁を整える技法。