突板(つきいた)

天然木などの木材を薄くスライスしたもので、主に良質な銘木や木目の美しい木などが原材料として使用される。塗装などで仕上げ、フローリングやドア、キッチンキャビネットの扉、収納扉など、建具や家具に使用されることが多い。突き板自体の厚さは、用途によって様々だが、厚みがあるほど高級感が増し、キズがつきにくくなるといわれている。
無垢材に比べ反りなどが非常に少なく、また重量が軽くなったり、表面の塗装によって付加価値をつけやすいという利点がある。手の触れやすい場所に使用する事で、天然木の自然な木目柄、深み、味わいが楽しめる。樹種にもよるが、比較的高価である。