梁(はり、りょう)とは建物の水平短径方向に架けられ、床や屋根などの荷重を柱に伝える材のことであり、主に曲げ応力を担う。
梁はおもに鉛直荷重を伝えるが、地震などに際しては水平方向の荷重を支えることにもなる。
梁の材料として広く用いられるのは、木材、鉄筋コンクリート、鉄骨などである。特に鋼材は梁として用いられることを前提とした型鋼が製造されている。